店舗デザインをプロに発注する場合のポイントについて

店舗デザインは事業のテーマや店舗のテーマを伝える役割を果たしており、集客率に大きな影響を及ぼします。売上を増やすには設計事務所と綿密な打ち合わせを重ね、他社との差別化を図りつつ消費者から親しみを持ってもらえるデザインを選ぶことが大切です。
店舗デザインを決める場合には営業活動への影響を考慮する必要があります。確かに他社との差別化を図るためオリジナルなデザインにすることも大事ですが、最初に考えなければならないのは集客率です。様々な店舗がある中で自社を選んでもらえるようなデザインにするには、事業のコンセプトを理解してもらえる店作りが必要になります。マーケティング活動の点でも店舗デザインは重要な役割を果たしています。

集客率を高める店舗デザインについて

店舗デザイン

店舗デザインはたんに他社と差別化を図るためのものではなく、事業のコンセプトを消費者に伝える重要な存在です。デザインとコンセプトの間に大きな乖離があると、何のお店なのかが分からないため消費者に選ばれにくくなります。企業がどのような目標を掲げて活動しているのかという点と関連があるデザインにすることが大切です。
イメージカラーやロゴなどと組み合わせて店作りを行うと、消費者にその企業ならではの雰囲気をアピールすることができます。全国的に店舗を展開している飲食店やアパレルショップなどでは、各店舗でお店の形状に違いがあってもイメージカラーやロゴを使い統一感を演出しています。
日本全国どこへ行っても同じカラーとロゴが使われているため、消費者に安心感を与えることができます。どのような商品やサービスを提供しているお店なのかを消費者が一目で理解できるデザインを作り、慣れ親しんでもらうことが安定した売上を得るための鍵です。
外装は店舗の第一印象を決めるだけでなく、ターゲットなる消費者層に自社のブランドをアピールする役割を果たしています。お店で扱っている商品やサービス内容をアピールし集客率の向上につなげるためには、外装について慎重に検討する必要があります。どのような層の消費者に来店してほしいのかを明確にした上で外装のデザインを決めるとよいでしょう。飲食店などではスタッフや消費者の動線についても徹底的にこだわると、回転率を高めて売上の増加につなげることができます。

店舗デザインを依頼する場合の注意点とは

店舗デザイン

一般的に店舗デザインはプロのデザイナーや設計事務所に依頼します。設計事務所には様々な規模のものがあり、医療機関や飲食店など特定の業種のみに対応しているケースも多く見られます。設計事務所は基本的にデザインの設計を行うところなので施工会社は別途探す必要があります。ただし多くの設計事務所は施工会社ともつながりを持っており、理想の店作りが可能な会社を紹介してくれます。店舗デザインはお店のデザインを設計する段階までを指すのが通常ですが、工事や施工を含めることもあります。
プロのデザインを依頼した場合、対応してくれる範囲は各社で異なるので注意が必要です。店舗デザインと工事を一括して行うところもあれば、デザイン事務所や内装の施工会社など複数の会社が関わることもあります。
デザインの品質によっては集客率や売上に大きな影響を及ぼすので、依頼する場合には信頼できる設計事務所を慎重に選ぶことが大切です。予算や工期だけでなく過去の実績や他の利用者による評価、アフターフォローなどを総合的に検討するとよいでしょう。
安い料金で請け負ってくれる事務所だったとしても、後から何らかのトラブルが起きて保証がされないのでは円滑な業務運営が難しくなります。料金の安さも重要ですが、アフターフォローが充実している事務所を選べば安心して事業を続けることができます。
店舗デザインには業種によって様々なものがあるので、自社が属する業種の店舗デザインを得意としている事務所に相談してください。過去の実績をよく確かめて最適なデザインが可能な事務所を選ぶとよいでしょう。

店舗デザインで失敗するのを防ぐには

店舗デザイン

店舗デザインを決定して実際に工事を行った後では変更が難しくなります。後悔するのを避けるには最初に信頼できる設計事務所を選ぶことが大切です。たんに他社との差別化を図ることができるだけではなく、動線など利便性も考えたデザインを作る設計事務所を選ぶ必要があります。
多くの経営者にはオリジナルなデザインにこだわる一方で店舗の利便性を軽視してしまう傾向が見られます。あるいはコスト削減を重視し、機能性に問題がある店舗デザインになってしまうケースも見られるので注意しなければなりません。店舗デザインはマーケティングと事業運営の両方の観点から慎重に行うことが大切です。
事業のコンセプトや店舗ごとのテーマを決めて消費者にアピールできるデザインを作ります。マーケティングとは商品やサービスを売れやすくするための活動のことで、主に市場調査と宣伝広告で構成されています。市場調査によってターゲットとなる消費者のニーズを明らかにして魅力的な商品やサービスを開発したとしても、アピールが不十分だと選んでもらえません。
テレビCMや新聞広告などと同じくらい店舗デザインは商品やサービスをアピールする上で重要な存在です。消費者にとって親しみのあるデザインであるほど、商品やサービスに対する信頼度が高まり売れやすくなります。店舗デザインを決める場合には動線など利便性も十分に考慮しなければなりません。親しみやすく利便性の高い店舗を作れば多くのリピーター客を獲得し、売上の増加につなげることができます。

店舗デザインを発注する場合に必要なこととは

店舗デザイン

店舗デザインを発注する場合には必要な予算を確保するだけでなく、外装や内装の写真やイメージ画像を用意しておくとよいでしょう。具体的なイメージが固まっていれば設計事務所と共有しやすくなり、スムーズに打ち合わせを進めることができます。また様々な条件を全て実現しようとすると予算が足りなくなることがあるので、上限を決めておけば安心です。
上限の範囲内でどのようなことが可能なのかを設計事務所と話し合えば、具体的なデザインを決めやすくなります。店舗デザインを依頼する場合にかかる主な費用は設計料と工事費に分類できます。設計料は設計事務所に支払う費用のことで、具体的な金額は店舗によって異なりますが基本的に坪数と単価をかけて算出します。工事費の数%という形で設計料が設定されている場合もあります。
設計料とは別に作成した図面の通りに工事が行われているかを監理するため、設計監理費も必要とされるので注意してください。設計図に基づいて実際に施工するために必要なのが工事費で、設備工事費や造作工事費が含まれています。前者は電気・ガスなど店舗開業に必要不可欠な設備を導入するためのもので、後者は看板などオリジナリティを出すための装飾部分を作成するために必要とされます。
工事費は店舗の規模だけでなく内装へのこだわりによっても大きく変化します。なるべく費用を抑えて理想的な店作りを行いたいのであれば、予算の上限を決めた上で設計事務所と相談するとよいでしょう。複数の設計事務所から相見積りを取って比較検討するのが効率的な方法です。

事業のコンセプトや店舗のテーマを伝えやすいだけでなく、消費者にとって親しみやすい店舗デザインを選べば売上の増加につながります。リピーター客を増やして売上の増加を図りたいのであれば、自社が属する業種に詳しい設計事務所を選ぶことが大切です。店作りを成功させるには具体的な写真やイメージ画像を用意した上で設計事務所と入念な打ち合わせを行ってください。予算の上限を決めておくと打ち合わせをスムーズに行うことができます。なるべく費用を抑えつつ理想的な店作りを行うには、複数の設計事務所から相見積りを取って比較検討するとよいでしょう。