猫が健康でいるために

  • トップページ

猫が健康でいるために

一般的に、普通の成猫が猫風邪で命を落としてしまう事はまずありません。しかし、猫風邪から肺炎を発症させてしまったり、猫風邪と思っていたものが実は違う病気だったりした場合は例外です。また、免疫力の低い子猫や高齢猫の場合は、風邪の菌やウイルスに対抗する力が弱いため、最悪命を落としてしまうケースもあります。適切な対処をせずそのまま過ごしていってしまうと、症状が知らぬ間に悪化しており、生命の危険にさらされる可能性もあります。飼い主の自分だけの判断で「猫風邪だと思うから大丈夫だろう。」と決め付けずに、しっかり専門の獣医師から診察を受ける様にしましょう。

【風邪を引きやすい時期】

・気温が低い時期
・季節の変わり目
・猫にストレスが生じている場合
【風邪の症状】
 
発熱 猫の平熱⇨約38度台
猫の発熱⇨39.5度を超えている場合
猫の体温を自分で計測する事は難しいため、普段より愛猫の体温が高い様に感じた際には動物病院で体温を計測してもらう様にしましょう。猫も40度超えの発熱をするので気を付けて下さいね。

くしゃみ
風邪を伴うくしゃみは、鼻水が出ていたり一日に何度もくしゃみが出る状態
 
鼻水
鼻水初期⇨水っぽい鼻水
これが悪化すると…黄色、緑色等の固まりのあるドロっとした物になる
※猫風邪の慢性化で水っぽい鼻水が続くケースも有り
 
口内炎、舌炎 口の中、舌が赤く腫れて痛みが生じる
よだれが垂れて食欲低下涎
 
結膜炎 目のかゆみ
涙が出る
目やにが出る
結膜が充血していたり、腫れている
痛みが生じ目がショボつく
 
角膜炎
眼の痛みが強く出ることがある

代表的な猫風邪

  • 『猫ウィルス性鼻気管炎』
ヘルペスウィルスに感染する事によって発症します。「猫インフルエンザ」「猫コリーザ」とも言われている病気です。ヘルペスウイルスは、涼しい所を好む性質をもっており、猫の体で体温の低い所(目、鼻、口、等)に風邪の症状が現れるのが特徴になります。全ネコ科動物は、猫ヘルペスウイルス1型に対する感受性をもっています。2~10日程度の潜伏期間を経て症状が出てきます。免疫力の弱い子猫や老齢猫は、肺炎を併発したり、妊娠中の猫が感染すると子供を流産してしまう事があります。
【症状】
・くしゃみが出ている
・鼻水を垂らす
・発熱がある
・食欲が落ちている
症状が悪化してくると…角膜炎や結膜炎が発症してくるので気を付けましょう。
 
  • 『猫カリシウィルス感染症』
カリシウィルスに感染する事によって発症します。 ウイルスの感染力は強く、大変感染率の頻度が高いため「猫風邪」「猫インフルエンザ」とも呼ばれている病気です。ウイルスを乾燥した環境下に置いた場合の生存期間は、3週間~4週間程度確と言われています。
[子猫の場合]
免疫力が弱まる生後6~10週くらいの子猫に感染しやすい傾向がある
[3歳を過ぎる頃]
猫カリシウィルスを発症していても、微量の感染だと不顕性感染と言って発症しないケースもあります。
【症状】
口内炎
舌炎
くしゃみ
鼻水
発熱
 

『猫クラミジア症』

細菌の一種である猫クラミジアによって発症します。
・結膜炎
・鼻炎
・呼吸器症状
これらの全ての症状の事をまとめて猫クラミジアと言われています。通常、細菌に感染して3~10日経過した頃に片目から炎症し始め、結膜炎を発症するのが特徴です。ウイルス性の結膜炎と比べて症状が長引く事や慢性化しやすい事が挙げられます。2~6ヶ月の子猫は特に猫クラミジアを発症しやすい傾向にあります。
 
  • 猫風邪の治療法
猫風邪と言うのは、猫自身の力で自然治癒する事は決してありません。猫風邪をずっと放置して何も処置を取らずにいると、風邪の症状が重症になってしまうので、早く動物病院に連れて行き診察を受ける事が大切です。しっかりと病院で、何のウィルスに感染しているかを検査し、症状に合った薬を処方してもらいましょう。
【動物病院で良く処方される薬】
「抗生剤」、「抗ウイルス剤」を投与する事で風邪を治す事が出来ます。
抗生剤とは:体内に侵入した細菌の増殖抑制、細菌を殺す薬
抗ウイルス剤とは:体内に侵入したウイルスの増殖抑制、細菌を殺す薬
 
完治出来ない猫ヘルペスウイルス
猫風邪の中でも最も大変なウイルスは「ヘルペスウイルス」です。猫の免疫力がしっかりあれば、ヘルペスウイルスは体内に存在する抗体で抑制する事が可能なのですが、全てを抑え込む事は出来ません。体の免疫力が高い時には、ヘルペスウイルスは神経細胞等の体内でも免疫の届きにくい場所に潜んで潜伏しているのです。そして、体の免疫が低下してくると、そのタイミングで再び活性化して猫風邪を発症させます。風邪の症状に大変似ているので見分けが難しく、病院で診察を受けた後に猫ヘルペス感染症と診断されるケースがあり、飼い主さんも驚かれる事もあります。
 
【猫ヘルペスウイルスの治療法】
猫ヘルペス感染症には、ウイルスを撃退して殺す薬や治療がありません。発症した症状へに対して、症状を抑える対症法での治療が一般的な治療となっています。
[一般的な治療方]
・インターフェロンを含む抗生剤の投与
・ネブライザーでの気管支炎や咳の緩和
 
インターフェロンの投与
[インターフェロンの効果]
・抗ウイルス作用
・抗ガン作用
・免疫系への作用
これらの3つに対して効果を発揮してくれます。
実は、インターフェロンの成分は、本来猫の体の中で生成されているタンパク質の成分になります。ヘルペスウイルス感染すると、体内にヘルペスウイルスが増殖してしまう事を抑制したり、体に免疫力を付ける役割を担っているのがこの生成になります。これを人工的に作り出して猫の体内に投与する事で、ヘルぺスウイルスを抑止して治療していきます。インターフェロンの役割は、猫の体内細胞にヘルペスウイルスが住みつく事が出来ない状態を作り出し、猫ヘルペスウイルス症状を抑える事が目的です。
~副作用について~
[代表的な副作用]
・嘔吐
・発熱 
・食欲不振
・呼吸困難  等があります。
その他にも、興奮する、よだれを垂らす事等も挙げられます。副作用の症状が重症なケースでは、多臓器不全になってしまい命を落としてしまう可能性もあります。
 
ネブライザー治療
[吸入療法]
ネブライザー治療たは、吸入療法の一つです。ネブライザーと呼ばれる機械で薬剤を空気中に薬剤の粒子を長時間浮遊させて(エアロゾル化)、口や鼻から吸い込まれた薬剤が肺や起動内に運ばれて治療を行っていきます。主に上気道・下気道の炎症や感染を治療で活用されています。
[効果と役割]
・気道内を加湿して粘液繊毛系の活動をサポートする
・停滞して粘り気のある液を流れがスムーズになる様に働きかけ、気道内を綺麗に維持・改善する
 
皆さんいかがでしたか?猫の健康を維持していくためには、日頃から健康に配慮した生活が大事である事を改めて実感したのではないでしょうか。人間も猫も丈夫な体でいるためには、体に免疫力を付ける事も重要ですね。免疫力が低いと、どうしてもすぐ風邪を引いてしまったり、体調を崩してしまいがちになりますなります。そうならない様に、飼い主さんも日常の食生活の栄養バランスに気を付けたり、愛猫がストレスを溜めない様にしてげたり、出来る事は沢山ありますよね。可愛い自分のペットの健康を守る事が出来るのは飼い主さんです。いつも楽しく愛猫との生活が送れる様にしていきましょう。


猫のサプリ

キャットフード(お試し)

キャットフードの通販

無添加・国産キャットフード

猫のおやつ

キャットフード アレルギー